木更津のスタジオ事情

木更津に引っ越しきて2年くらいでしょうか。

以前住んでた東京とは環境が違い、いろいろ戸惑いました。

なかでも音楽スタジオがないのは辛かったです。

しかし探してみたらあるもんでマイナーな感じのスタジオがありました。
image

店長が頑固そうな人で、その他いろいろと特殊なスタジオで

電話すると機嫌が悪かったり。

うっかりドラムセットを直し忘れたたら2週間後もそのままだったり。

急に定休日変えたり。

フロアタムが常に倒れる仕様だったり。
割れシンバル、破れタムだったり。

とにかく注意書きが多かったり。

5部屋くらいあるのにいつも誰も使っていない。

多分夫婦で経営してんのかな。
はじめは二階分スタジオだったのですが

1年後には奥さん(多分)いなくなって店長1人の1階だけの営業になってました。

全然会話してくれないんであくまで予想ですが。

あとこんなやりとりが

僕「ガムテープ貸してください」
店長「・・・。」
僕「あの・・。ガムテープを・・・。」
店長「絶対に機材に絶対貼らないで下さい!!」

破れたタムの音修正でミュートの代わりに使うつもりだったのに(>_<)

別の日

僕「イヤホンジャック貸してください」
店長「・・・。」
僕「あの・・。イヤホンジャックのやつ・・。」
店長「絶対に絶対に返してください!!」

怒ってるよー(>_<)

それからというと
ガムテープやシールドなどめんどくさくても店長に気を使って持ってくようになりました。

ベースとかも怒られそうで借りれませんでした(°_°)

ところが先日行ったところ

店長「来週でやめます」
僕「え。急ですね。スタジオもやめちゃうんですか?」
店長「はい。もう辛くて」
僕(いつも弱音を吐かないのに)
店長「もう限界なんです」
僕(なにがあったの)
店長「これでいいんです。ありがとうございました」
僕「はい・・。お世話になりました!!」

聞いちゃいけないオーラが出ていたので深入りすることができませんでしたが

推測すると

駅から近かったり通学路なので
木更津キャッツアイ全盛期時代の13年前
バンドもまだまだ流行っていたし、このスタジオもやんちゃな若者でさぞかし賑わったのでしょう。

きっといたずら電話が頻繁にきて
シンバル割られて、タム破られて
機材をガムテープでペタペタにされて
イヤホンジャック盗まれたのでしょう。

店長はいろいろと苦労されてきたのだと思います。

なんだか悲しくなってきました。

そう思ったら
今までの対応も納得です。

今年は時間おまけしてくれたり
(結局怒られそうだから10分前に退出)
録音でトラブった時に助けてくれたり

近所にいつでも空いてるスタジオがあるのは僕にとってとても良かったです。

壁いっぱいに敷き詰められた猫の毛みたいなモフモフの感触がお気に入りでした。
image

店長ありがとう!!

さて、このいろいろ試したい大事な時期に急にスタジオがなくなるのは痛いな(>_<)
いいスタジオ開拓の旅しよ!

↓記事をシェアするボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です