海外編後半 そのまま九州へ

【24日間13000kmの長距離演奏ツアー】
海外編後半

ドラムだけでなくハーモニカ奏者単体としてもカンボジアの海外ミュージシャンとセッション。


メインのワンマンバンドも体力の限り出し尽くしました。





プノンペンでは予想以上にお客さんにカンボジアの方はいなく、アメリカやイギリスの系の方や長期滞在している日本の方が大半だったなぁ。

おかげでどんな状況でもパフォーマンスできるタフさが身に付いた気がします。



まだまだ
半分くらいしか書ききれなれないので
演奏旅行後にまたまとめます。



それでは
帰国します!!

九州編に続く!

↓記事をシェアするボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です