豪雨のシマネジェットフェス2018

ギターウルフのセイジさん主催の古墳の上で開催する島根県最大のロック野外フェス
シマネジェットフェス。

油井ジョージ ワンマンバンドは2年連続出演。

出演者は(バンド名は敬称略)ギターウルフ、POLYSICS、大森靖子さん、クドカン先輩の画鋲、YouTuberのカリスマブラザーズのミノタウロス等、司会にまちゃまちゃさん。




昨年はトップバッターで、その時間だけ雨でした。
果たして今年は…。




雨でした(>_<)


基本テントの外で演奏してます。
背中ドラムには濡れないようカッパ着せてますが。



完全にチラリしてる笑。



アコギやハーモニカは野ざらしです。
ワイヤレスマイクも地味に濡れる。


これでどんなだけ濡れてる分かって頂けるだろうか。


まぁでもね。
僕は昨年出てるので、僕にオファーくれた意味は理解している。



3会場ある中の入口のステージ。
いわいる某千葉のランドにいる○ッキーのような感じの出迎え、おもてなしを
自分はするべきなのだと。

ロックフェスだけど、地域は団地なので家族連れもいらっしゃる。
なので、音楽フェス行き慣れていないお客さんにも
見た目で驚いたり、笑ったり
楽しんでもらえるよう演奏をする。

だからどんな雨でも楽器壊れても
イベントが開催される限りは
雨に濡れてもやる。

そんな決意を固めていた。







2ステージ目までは時間あるので色々見に行ってると


ドラクエさながらのステージ。

そして気温が低くて寒いー。


楽屋には声優の日髙のり子さんの差し入れ(タッチの南ちゃんやトトロのサツキ等)


木更津キャッツアイ、グループ魂のクドカンこと宮藤官九郎さん!!
楽屋にもいらっしゃったので木更津を仲間を代表してご挨拶してきました(^-^)


協賛企業が昨年よりも増えていて
キリンや、超大手の飛行機会社ANA。

ANAはめっちゃ広告の旗あった。
バックにANAがいるとか、やばいね。

大森靖子さんもMCで言ってらした。
靖子さんのステージ良かったなぁ。
挨拶行ったけど出演時間的にすれ違ってしまい残念。







オリジナルグッズで
BEAMSとコラボTシャツ。

「油井ジョージ ワンマンバンド」文字数取って申し訳ない。
黄色は出演者、スタッフ限定カラー。


ゆるキャラに気付かれないように背後ペタペタする少年かわい。


ニューオーリンズフェスでも共演した
松江ニューオーリンズブラスバンド見に行ったら。


バスドラの担当はお休みだったみたいで
無茶振りで即興でバスドラ借りて叩くことに(^^)/



マーチングドラムは初で
右左逆に装着していたみたいですが
ドラム講師してるのでそれなりに演奏合わせられました。

やはりレベル高い演奏家と合わせるのは楽しいなぁ。







よし、あとは後半の2ステージのパフォーマンスに向けて準備。
という時に豪雨警報。

セイジさんや運営からのアナウンスは
「油井くん判断で中止してもいい」
「でもやってくれたらうれしい」
こんなニュアンスで来たので

もちろんやる。
まぁ言われなくてもタイムテーブルかぶってるクドカンのステージ観ずに
目ので待ってるお客さん見たら楽器壊れようがやる。

決意は決まっていた。








客席が濡れてるのに自分だけテントなんていらねー!!
いまそっち行くから一緒に濡れるぜーっ的な写真。
(豪雨警報中)


やりきった。
豪雨警報の中、見に来てくれたみんなありがとう。
楽器、自前のワイヤレスマイクはビショビショですが、悔いはありません。







最後はギターウルフの熱いライブ見る。


セイジさんかっちょいい。


まちゃまちゃさん。
まちゃさんも木更津周辺出身ということで
実は先月もばったり会ってました。


古墳シンガーまりこふんさん。
本出版してたり日本全国の古墳に最高に詳しいお方。
古墳の上でやるこのフェスに必要不可欠!


セイジさん、ジェットママ。
オーラ半端ない。
一言一言に重みがあるぜ。
毎年やる気注入してもらってます。



ジャンルの違う僕をロックフェスにしかも2年連続誘ってくれた
セイジさん。
ホント感謝です。

台風の中、安全に無事終えたのはとてもすごいことだと思います。
お客さんの満足度もかなり高い野外フェスだと思う。





来年も呼んでもらえるかな。
晴れの最高なコンディションの時にやってみたいなぁ。
という願望はある。



出れるかはわからないけど
とにかく来年は晴れてくれたらいいな。


↓記事をシェアするボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です