大道芸ワールドカップin静岡2019

大道芸ワールドカップin静岡が無事終了しました。


昨年は旧フリンジ部門で出演
(簡単に言うと宿代、交通費、ギャラ無しで投げ銭でがんばれ部門)
でしたが今年はON部門!

ON部門は出演料、交通費、宿泊費が出てウェルカムパーティー、プレビューショー出演、更に荷物も毎日ポイントまで車で運んでくれるという待遇!


ほんとにありがたい。





まずは
前々夜祭ウェルカムパーティー!


ゼロコのパフォーマンスで海外勢お出迎え。


健斗くんと静岡茶ビール乾杯!

昨年唯一ワールド部門で仲良くさせてもらったアダム&ベンジャミン!
ドラム無しの通常ジョージでも覚えてくれてたの嬉しい😆


その後は日本代表のミズキシナガワさん、交えてパフォーマー少数で更に打ち上げ!




日付変わって静岡市民会館で前夜祭プレビューショーに出演。

大須からご一緒のバルーンのSyanさんの的確なアドバイスを受け、客席から登場しました!


自分1人では多分いろいろ気にしてできなかったと思うので、背中押してくれる先輩ありがたい限りです。


ステージ上がる階段はもちろん、そこまでの階段を演奏鳴らしたまま行くのが地味に大変でした笑



そんな感じで
大道芸ワールドカップin静岡スタート!




自分だけじゃなく、かなりの出演者がTV出演してたと思いますが駿府城公園内では


日テレ系列の静岡第一テレビ「ただいま!TV」(生中継)
静岡放送SBSテレビ「ORANGE」(収録)
事前取材が!
リポーターのピーコさんが投げ銭してくれました!



切り株がお立ち台。


現地集合、現地解散のパプリカ子どもダンサーズ!!


BiG Rootsさんとの偶然の出会いコラボもありました。
USA踊ってます。





定点パフォーマンスと違い、自分が担当するウォーキングアクトはON部門でも時間や詳しい場所の告知しないため、会場に1日50万人いようともスタートは本当に1人から。

音楽鳴らしながら一歩ずつ歩くと


だんだんお客様がついてきて



いつしか360°のステージに。

ウォーキングしながらも演奏しますが
集まってきて360°ステージになったら、一般の方の通行に迷惑かからないよう
同じ場所に留まるのは8分くらいまでと決めて
360°ステージショーしてすぐ解散してまた練り歩き演奏1人から。


昨年上手くいかなかった場所も、今年は対策練って無事リベンジ成功。



ウォーキングアクトは奥が深いですね。






そして
りずむらいす×油井ジョージ ワンマンバンドのスペシャルコラボ!
「ジョージらいす3ManBand」






全員ドラム、パーカッション叩けるし、ミュージシャンだし
黙って演奏してても成立する。


しかしながら、いろいろな構成を練って1つのショーを作り上げる。


りずむらいすのお2人は息ピッタリですが、自分は全員で右向くとこ間違えて速攻ちっくさんと目合うし、ドS演技は棒読み必死で超下手くそでしたが、自分の笑顔の写真多めなの見ると相当楽しめたんだろうなと実感。


音源一切鳴らさずにアコギと声だけで、あんなことやこんなこと、背中ドラム3人で叩いたり笑


やはり音楽、リズムは素晴らしいよねぇ。


ちなみにイクスピアリat東京ディズニーリゾートでも即興でりずむらいすさんとコラボやりましたが、その時の演目はやっていない。


今回新しく作り上げたスペシャルな大道芸ワールドコラボでした。

焼肉打ち上げ―!!
まだまだジョージらいすで
やれることに可能性がありそう✨





そんなこんなで4日間で来場者数172万人の大道芸ワールドカップin静岡が無事終了。


オフショット。

ファイナルショー後のステージから!!
旭川でもご一緒のZANGEさん



健斗くんと
ワールド部門日本代表のミズキシナガワさん。
いい刺激もらって再び海外行きたい願望強くなる。



二年連続準優勝のアダム&ベンジャミン。
また来年!!



王子こと健斗くん。



ゼロコのお2人とヨーヨーのReiさん。


唯一の定点ナイトショーでご一緒だったサクノキさんとスタッフの皆さん。



ニューカマーズ部門で唯一写真撮るタイミング合ったハマーさん。
ハーモニカをすごい状態で吹くのです(^^)/



スタチュー世界チャンピオンのブランコさん。
世界一すごい!!






実は



昨年フリンジ部門での出演を終えたときに
とある決意を固めてまして。



それは



仮にもう一生選ばれなかったとしても他部門の同時エントリーはやめて、ON部門ただ一つだけにエントリーし続けると決めてました。


今年はいろんな部門が設立されたり、そもそも同時エントリーできない仕様に変更されていて戸惑ったけども苦笑
覚悟は決まってました。

その覚悟が実り、今年のON部門に出場できましたが、やはり昨年と見え方が全く違って、この思いに間違いはなかった。



見え方は違ったけども、常に思うのは、部門とかワールドカップとか関係無しに、志し高いパフォーマーの皆さんと意見交換したり、お互い刺激し合って、共により高いところを目指して行きたい!
蹴落とし合いではなく高め合い!!


今は身体休めるより、突き進むのみ!



大道芸ワールドカップ実行委員、スタッフ、ボランティアの皆様、お客様、出演者様、お世話になりました!


またお会いしましょう🎶


↓記事をシェアするボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です