面白楽器選び(組み合わせ編)

海外からの秘密兵器を待つ間に他のアイディアを考えてます。

image
ハモンドのソプラノピアニカ!

ただのピアニカでなくてピックアップが内蔵されていてシールドからアンプから音出ます。
鍵盤数も少なくコンパクトでキュート!
でるのは超高音のみ、リードに最適。

これをギターをストロークの合間に弾けないものかと。
くくりつけたらやれなくもないか。
image
ただ息も必要だから歌中は誰か息を貸してください状況になりますね(>_<) 次! image
通常のキーボードにエレクトーンの足付けることできるんですよ!
絶対的な需要の無さでメーカー取り寄せ品だけど。

足でベース音鳴らせる優れもの!
ただしキーボードもなくては音出ないのと
コードの長さ的にこれが限界。

つまり足だけ使いたくても隣にデカいキーボードがある状況ですね。

使いようによっては面白い!

次!

ツインギター製作物語。

ベースをならせて同時にギターも鳴らせる。

そんな楽器が欲しかった。

御茶ノ水のギターのオーダーメイド店へ

fenderリスペクトで
ベース部分はジャズベース
ギター部分はストラト

image
写真の後ろにある楽器を足した感じです。
色はオーソドックスなサンバーストカラー。

その時僕は背負う型ドラムの重さ問題にぶち当たっていたのと
100パーセント使うかはわからなかったので

・なるべく軽く
・絶対的に安く

これで見積もりを出した。

僕の担当になった方は僕の同時演奏の話しにとても興味を持ってくださり
誰もオーダーしてこないようなオーダー内容に燃えていてとても協力的だった。

それから小一時間

前代未聞のオーダーで担当者さんと

「まじかっけーっす!」
「油井さん!やばいっすこのダブルネック!」

的な感じで盛り上がりました。

楽しい時間はここまで。

絶対的に安くしてくれとはいえ正直30万くらいかかるかなと思っていた。

しかしいざ見積もり表から値段計算してみると。

「ネックは2本なんで×2ですね」
「ボディも×2で塗装も×2で各部品も全部×2です」
「ピックアップは全部で5つあるので×5」
「最後に工賃手数料も×2です」

×2地獄で

image

99万4200円(°_°)

そっと店を後にするのであった。

3 comments on “面白楽器選び(組み合わせ編)
  1. らんた@てきとー より:

    ESPはオーダーすると高いよw
    俺のオーダーギターも
    アメリカとかで頼むとだいたい40万とかだけど
    ESPはまず50万くらいからだもんw

    こんなんいかが?
    使えるようにするに
    ボディの改良が必要だけど
    http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%8B-DOUBLE-NECK-6-4-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88/dp/B009YQKBEG

  2. らんた@てきとー より:

    あ、あと
    アジア系工房だけど
    ここも相談にのってくれるかも

    http://blogs.yahoo.co.jp/toya_hjp/folder/1016437.html?m=lc

  3. 油井ジョージ より:

    流石らんたさん!詳しいですね(^ ^)
    あれだけでESPとわかるとは!

    Amazonのは一案でありましたがアジアの工房はノーマークでした!

    非常に勉強になります( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です