すごい人に会いに行く。

前回、僕の音楽以外の輸出、輸入業の仕事について話しました。
ほかにも副業たくさんやっていて。

・投資関係
・国内物販ビジネス経営
・独自ネットショップ経営
・ドラム講師

表向きにはこんな感じで動いています。

これらは全く一人同時演奏と関係ないわけではありません。

日本を含む全世界の楽器を見れて買えます。
世界を対象にしていれば自然と為替に強くなりますのでそちらもスキルアップします。
なにより普通の演奏家よりも面白い楽器が目入るんですよね。
それを活用できたらって思ってるうちに全部やりたくなって同時演奏はじめたんですよ。

今はカナダからの発注待ちですが
すごい楽器が来ますよ(^ ^)

とまあ仕事を仕事に活かすいうのが副業の醍醐味だと考えます。

でもそんなにうまくいかないんじゃないの?

そうなんです。

僕一人で国内物販の経営をしていた時は
誰の意見も聞けない状況で運営していたので

今、僕は国内物販でどのくらいの人間なのか?
この手法がベストなのか?
新しい手法が水面下であるのではないか?

でも聞ける人もいないので
疑心暗鬼でモチベーションが保てない。

など考えて一定の収入の壁を越えられなかったんですよね。

そんな困ったときには僕が考える絶対的な成功術があります。

それは。

日本でトップの成功者に直接会いに行く!

今年、僕はそういう方々に会いに行ってました。

周りの意見も大事ですが
自分とは全くレベルの違う人に直接会い、喋り。
自分とどうステージが違うのか?考え方、心意気の違い。
作業に対する時間配分など
を学びます。

会えば思い知らされます。自分のレベルの違いに。

でもね。苦しい思いをしても
一度業界トップの人に打ちのめされれば
今の自分の実力、トップの人までの道の長さがわかるじゃないですか。

そこで心が折れたらそれまで。なんですよ。
僕はこういう言い方嫌いですが、適当に言い訳してやめちまえばいいです。
そこで折れる心意気ならそれまでの人間なんです。

苦しいと思った時こそが成長の証だと思っています。

これはバンドでも、サラリーマンでもアルバイトでも一緒です。
マンネリで楽だなーって思ってる時は成長していません。
そんな状況なら自ら炎の中に飛び込んででも成長しなければ人生意味がない。

なぜならば時間はみな同じ時間しかないのだから。

仕事ができる上司がいたらその人以上に時間を裂いてその人の基準に合わせなきゃ一生追いつけないですよね。

そこの基準を変える意味でも
今年はなりふり構わず会いに行きました。

200人くらい会いましたが、現役演奏家、バンドマンはいません。

バンドマンこそ、時間とお金に縛られライブしているから
こういうコミュニティーに入って一気に時間とお金の使い方学んだらバンドとかにも自由に時間使えると思うんですけどね。
経営スキルも学べますし。
現在のネットを利用したビジネスの流れがわかります。

僕が同時演奏はじめた理由の一つとして
ここでの経営者の考え方、モチベーションの高さと音楽をしている僕を比較して
明らかにまだ僕のぶっ飛びが足りない。
自分にストッパーをかけて遠慮しているって思って
同時演奏をやろうっておもったんです。

音楽ではなくてもいいですけど一度トップの人と会うとなぜその人が成功しているかがよくわかります。
そこでへこたれないかが
勝負の分かれ目です。

モチベーション上げていきます!

-shared-img-thumb-HIGA62_notepen_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です