千葉県人形劇まつりに出演

ギタリスト中村ノリミツさんを加えて
昼は千葉県人形劇まつりで3ステージ
夜は市川市のライブバーにて演奏しました!
image

image
千葉県人形劇まつりとは
プロ劇団の
有名な人形劇師やパントマイマー、
大道芸人さんたくさんのイベント!

公演前に劇場の前で僕らが演奏して
人を集めるという形。


まさにチンドン屋!

動かなくてもよいダニーさんとノリさんを
トラックの荷台に
僕は下に降りて練り歩くという
斬新なステージ!
image

しかし、僕の身にまさかの事態が。


この日の温度は30℃
暑いステージ衣装で15キロ近いドラムを
背負って練り歩く。

更にこの日は初のアンプも
背負っての背中ドラム演奏



はい。



熱中症でなりました。




僕はいままで暑いの平気体質で
「熱中症なんて気合いでどうにかなるだろ」
精神だったんですが


4曲くらい終わったらダニーさんとノリさんに
「顔色やばいよ」
「後ろの日陰に行った方がいい」
幸い、まだ立てる状態だったので
残りの曲は客席からはあまり見えない日陰でなんとか演奏。


通常のドラムと違って背中ドラムは
自分で演奏しながら移動できるおかげで
涼しい日陰でなんとか
1ステージ終えることができました。

あと一時間後くらいに2ステージ目と
3ステージ目があるので
みんなに協力してもらって応急処置。



蝶ネクタイできめていた衣装も
暑いので中に着てた
白Tシャツにして


更に背負ってたアンプも下ろして
日陰での演奏場所に変更
image
2ステージ目、3ステージ目は
ちゃんと演奏できました!


子供達との触れ合いも楽しみ
また会うことを約束して
人形劇まつりは終了
image




余韻に浸る間もなく3人で
千葉県市川市に移動


今度は子供達とは無縁の
おじさん達の憩いの場のライブバー


怒ると怖いとうわさのマスター


普段はアコギ弾き語りとかのライブバーなので
3人で、しかも動いちゃうドラムセットの人


僕が演奏する後ろには
高価そうな商品が入ってる棚


動きまわるスペースはない。

マスターから椅子でバリケードを作られ
初めてスタンドマイクから一歩も動かず
40分の演奏しました。
image

これもまた必要なスキルになってくるだろう

1日4ステージでもなんとかなった


あとはこれから来る夏の野外での
対策をしっかり考えていこうと思った


顔色悪く
口の周り真っ白だったらしいからね


みなさんも気をつけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です