台風被災地復興支援イベント

台風被災地復興支援イベントが終了いたしました!



このイベントを企画して下さったのは
実際に被災された千葉県のパフォーマー
太平洋さんなのですが



僕も千葉在住のパフォーマーとして力になれないかと思い、企画発案当初からお願いして日程を合わせておりました。



時期は台風15号が過ぎ去ってから約10日後。


木更津市に住んでる自分家の周りは
まだ停電、断水が続いてました。


そんな中、パフォーマー募集どうするか
時期、条件、場所等どうするかなど考案してる太平洋さんに
「自分に関しては条件はなんでもいいです、投げ銭全額寄付します、どんな仕事来ても日程は終日空けます」
的な感じの熱い長文ラインしました苦笑。


その後、台風19号と豪雨被害が
立て続けに来たのもあり



開催日は11月にして、千葉だけではなく
今回被害にあった他の県にも寄付しようってことになって。


募集が開始されたら
岐阜県からはくす田くす博さんや
今年各地でご一緒させていただいたサンキュー手塚さん、紙麻呂さんなど
まだまだ紹介したい方たくさんですが
豪華出演陣で

ベテランの方から遠方の方まで来てくださり
更にはボランティアスタッフの方や
加藤みきおさん、ひろみちくん、エトランゼさん、らむね。さんが出演はしないですが事前に寄付して県外からもご支援して下さったり。


千葉県在住の身としてありがたい限りでした。


この2日間はスタッフ含め、パフォーマーの皆さまは
仕事としてではなく、ほぼ心意気だけできております。


熱い2日間になる!


という感じでしたが
まず、初日は終日雨。
メイン会場の千葉市の方は中止になり、
鋸南町の道の駅保田小学校のみ開催となりました。




ここからはパフォーマンス風景。


野外でやるはずが、なかなかの雨で少し奥にある、6年2組で開催。


ウォーキングアクトもできる強みを生かして
狼執事のLowdeさんと校内練り歩き演奏で呼び込み。


道の駅なのですが、まんま小学校残してある場所たくさん。

なんでもリクエスト曲コーナーでは
保田小学校の校歌リクエストあったり。
(アドリブで苦笑)

主宰の太平洋さん!


急遽来て下さった翌日出演予定の
Kanauknotのトムさん、花火さん!


その場にあったパイプ椅子でアクロバティック。
BGMもその場にいた油井ジョージワンマンバンドで。


そんな感じで初日終了。



最終日、昼前には雨止みましたが
前日朝までガッツリ雨予報だったのもあり
同場所で開催されていたフリーマーケットは空き区間あったりして、若干お客様が来にくい天候に。


でもメイン会場でも開催できただけ良かった!


プリコロハウスのまるゆんさん、はっちさんとコラボも!

雨降るかもしれない中、マリンバ自前で持って下さる心意気!
熱い👍🏻

まるゆんさん歌。
はっちさんダンス。
自分演奏。
と、頑張ってダンスもやろうとしてます笑。



あまり他の出演者さんのパフォーマンス風景撮れなかったのですが
ボランティア企画としては
とても濃い出演陣で観る側も
喜んで貰えたように思いました。


打ち上げ写真。
チャリティーTシャツ着てますね😊




集まった募金は
・千葉市
(千葉市資金課を通じて、千葉の復興へ直接)
・日本赤十字社
(福島県、長野県など台風被害全体への復興のため)
・道の駅保田小学校
(15号で被害を受けた施設であり、今回のイベントにパフォーマンスの場所を提供して頂いてます)


三ヶ所に寄付いたします。




最後に。



今回の台風15号では
数日間なかなか被害情報が出回らず
国が大きく支援に動くまでにタイムラグがありました。


被害の大きかった南房総の入り口辺りに住んでいたのもあり、
友達を通して南の被害状況は分かってました。


停電、断水、通信障害によって
情報遮断された地域もあったり。


なんとか力になりたくて、
台風が来た4日後に機材車の楽器達下ろして
支援物資パンパンに詰めて
鋸南町の小学校に1人で物資を届けたこともありました。


あの時はほんとにあまりニュースになってなくて
物資が不足していて
1人の力でもおそらく役には立ったと思ってます。


1人かと思ったら
届けに行った先にたまたま友達も支援しに行っていたり
他の場所で木更津の仲間たちも動いていたり
他県からミュージシャン仲間も来てくれたり。


あの時は胸が熱かった。


自分がはじめてドラム背負ったステージは被災した南房総市で
いつもギターをメンテナンスしてくれるのも南房総唯一の職人の成清さん。


その他、下積み時代に特にお世話になった方々が
被災されました。


先々週も南房総市、館山市に行きましたが
ブルーシート屋根などまだまだ状況が変わっていない場所も。


もう、2ヶ月半経ってるし大丈夫だろう
と思っていてもそんな状況。


あの時はマンパワーで力になれたかもだけど
今はよりお金の力が必要です。


だからこそ、時間が経った今、このタイミングでやったことに意味がある。



台風被災地復興支援イベントの出演者さま、スタッフさま、お客さま
それぞれの気持ちを形に変えて
少しでも被災地の復興に役立ってくれたらと思います。


今回集まった寄付金は千葉だけでなく
福島県、長野県などにも他県にも寄付金は届きます。



涙がこぼれたっていいじゃないか。

一人ぼっちじゃなかった夜。

前を向いて歩こう!




↓記事をシェアするボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です