立ちはだかる高い壁を乗り越える

油井ジョージは背負う型ドラムを諦めていなかった。

image

思えば、鉄工所行ったり、ホームセンターの紐やチェーンを買い占めたり。
電気ドリル買って鉄切ったり波乱万丈な数ヶ月だった。

結果、重くて僕が反応ができなかった。

ここからアンプやギターをプラスするとなるとなおさらだ。

軽量化するには根本から軽量化しなくてはいけない。

しかし、諦めていなかった。
image
転んでも

image
這いつくばって起き上がり。

image
立ち上がる

一歩一歩階段を登り。
image
苦しみながら。

そして。

image
新背負う型ドラムが完成したのだ!

正確にはアメリカの業者さんと相談して発注をかけたのですが(^_^)

見てください!表情に余裕があります笑
image

操作はだいぶ難解ですが、軽量化という点は解消されました!

移動は助手席に(^_^)
image
シートベルトも忘れずに。

僕が信号待ちになんとなく紐を引っ張ってバスドラとスネア鳴らしてたら

image

タクシーのおじさんもびっくり笑

現在は足ドラムと並行していろいろ試しています。

全く別の構造なので、大変ですが(>_<)

あとは上半身との組み合わせを考えなきゃですね。

先日、そこそこ混む都内の音楽スタジオを開店から閉店まで僕しか入っていないっていうプチ合宿で追い込みをしました。

1人同時じゃないけど上半身ベースの1人リズム隊で弾き語りさんとコラボとか面白いかも(^ ^)
image

実用できるかはまだまだですが。

練習というより、日々研究と実験を重ねています。

諦めない心で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です