8割のダメな店員と2割の優良店員

同時演奏用に試していたリモートペダルを使った特殊演奏を軸に
バンドでプチ同時演奏する構造できました。

当初はこんな感じで使用。
image
奥のクラッシュシンバルのリモートペダルの構造を変更して

image
スネアに。

image
これでピアニカを両手で弾いても足だけでスネア、バスドラ、ハイハット(踏む音)が鳴らせるわけですね。

このペダルに差し込めるスティックの応用で完成しました。

image
この商品日本で正規の店では売ってないんじゃないかな。
(僕の在庫には新品多数ありますので購入したい方はコメントを下さい)

リモートペダルの応用は優良店員さんと一緒に考え
スティック付きペダルは僕は自分で調べてアメリカから輸入しました。

でここからが今日の本題。

同時演奏楽器製作して気付いてのは
大多数の人は異物を排除したがる傾向が強いよね。って思う。

僕はこの楽器製作をするためにたくさんの楽器屋さん調査しました。

こんな感じの新しい楽器を作りたいんです。って言うと
8割方すぐに
「前例がないいんで無理です」
と言われます。

無理なわけない。あなた個人の判断でしょうっという突っ込みがたくさんありましたよ。

ベテランの方で結構多かったです
「普通はこうなんで、こうです」
「ウチではこうなんで、無理です」
とか

できないことはない。
だって柔軟に考えてくれた優良店員さんはすぐに答えを導き出しましたし。
世界を視野にして考えたら自力で解決できることもありましたし。

きっとマイルールで、すぐできないっていう店員さんは
僕がものすごい高額楽器大量注文して
ものすごい売り上げに貢献してもその人にとってはレジを掃除する時間となんら変わりないいんだろうなって思います。

お店の経営的に全然違う価値なのにね。

ダメな店員さんからしたら売れようが売れまいが同じ時間ですからね。
ベテランの社員ぽい人に多かったのが非常に残念です。

8割のダメな店員さんは
調べもせずに
「無理です」
っていうことが多かったです。

2割の優良店員さんは
「わかりません。ですがこういう似た切り口もありますよ」
って一緒に考えてくれます。

自分にはわからないことを認めて、一緒に考えることで
たとえ答えがなかったとしても
同じ商品を買いたい時に同じ値段なら優良店員さんから買いますよね。
僕なら多少高くても良い店員さんから買います。

似たような過去の事例を思い出しました。

初めて車を購入した時です。

僕の求めてる性能の車が
●●の会社のお店に行って相談したら●●の会社の車種しかおすすめされなかったり
××の会社のお店行って相談したら××の会社の車種しかおすすめしされなかったり

他のメーカーにドンピシャの車種があったとあったとしてもですよ。
(業界的には当たり前なのかもしれませんが)

僕はその時すごく違和感を感じたんですよね。
なんて自分勝手な。っと

ちょっと無知なふりして聞いてみるとひどいダメな店員さんのごり押しっぷりはすごかったです。

結局僕は、その店のメーカー関係なしに一緒に比較して検討してくれた店員さんのところから買いましたね。

今の楽器製作の店員さんの話しと同じですね。

優良店員さんとは今も何かあったら相談して、買いたいときはその人から。
みたいな関係にもなっています。

もうそのお店にいなくてもですよ。

そう考えると
ダメな店員は投げやりな対応しているといずれは自分に帰ってくると思いますし。
優良店員は親切な柔軟な対応で、仮にその時は意味がなかったとしてもいつかはその親切は自分に帰ってくる。
と思います。

ただ店員さんの悪口言ってるよう聞えますが
これは自分が販売者の立場に立っても思いますし
自分が経営者の立場になっても思うことです。

明日は我が身と思ってダメな行動しないように柔軟に物事を考えていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です